ごめん、愛してるネタバレ&最終回結末!原作の韓国ドラマは涙…涙…

今回のネタは、2017年7月スタートの日曜TBSドラマ「ごめん、愛してる」

本ドラマの原作は、2004年に韓国で放送され、大人気となった同名ドラマ。

その人気ぶりは、最高視聴率29.2%を叩き出したという事実からもうかがい知ることができますね。

では、そんな人気ドラマを原作とする本ドラマのあらすじやキャスト、結末について書いてみます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

あらすじ&キャスト

裏社会に生きる男・岡崎律(長瀬智也)

彼がそのような不遇な環境で過ごさなければならなかった訳を知る為には、彼の幼い頃にまで遡る必要がある。

律は、実の母親に捨てられたのだ。

辛い過去を背負っている彼は、とにかく血の気が多く、ケンカっ早い。

しかし、一方で愛情を求める気持ちも非常に強い為、人としての温かみも十分に持ち合わせている。

その為、律は裏社会にいても人を助けることもしばしばあり、その中で彼は三田凛華(吉岡里帆)という女性を救う。

そして、この出会いが律の運命、また凛華の運命をも変えることになるのだが、二人はそんなことを知る由もない。

そんなある日、律は韓国である事件に巻き込まれ銃撃を受けてしまい、頭部に致命的なケガを負ってしまった。

「俺の命は、もう残り少ない・・・」

そのことを悟った彼は、自分を捨てたにも関わらずその愛情を欲して止まない母親を探すことを決意。

そして、自分の実の母は「日向麗子(大竹しのぶ)」という女性との情報を入手。

「母親が自分を捨てたのは、貧しく生活に困っていたから」

母親についてずっとそのように考えていた律は、麗子が今も生活に困っているのではないかと思いながら、彼女に会いに行く。

しかし、彼が目にした光景は、その予想とは全く異なっていた。

麗子は、いかにも高級住宅と呼ぶにふさわしい家に住み、彼の息子と思しき男性に惜しみない愛情を注いでいたのだ。

そんな二人の幸せそうな様子に嫉妬し、憎しみすら覚えてしまう律。

ただ、母親の愛情への欲求が消えることはなく、彼は愛情と憎しみの狭間で苦しむ。

その時、律は凛華と再会。

何と、彼女は麗子がその愛情を目一杯注ぐ息子・サトル(坂口健太郎)の幼馴染みであった。

↑に登場しないキャスト

三田恒夫(中村梅雀)

凛華の父。律の母・麗子のマネージャーであり、彼女を崇拝している。

河合若菜(池脇千鶴)

幼い頃に事故に遭い、高次脳機能障害を抱えている女性。

律とは児童養護施設で共に育った間柄。

河合魚(大智)

若菜の一人息子。

古沢塔子(大西礼芳)

天才と呼ばれているサックス奏者。サトルが想いを寄せている。

加賀美修平(六角精児)

麗子を恨み、彼女のスキャンダルを狙っているフリージャーナリスト。

原作結末ネタバレ

では、ここからは原作の結末について。

最初にも書きましたが、本ドラマの原作は韓国で放送され、大人気となった同名ドラマ。

よって、そのドラマの結末を知れば、ある程度は本ドラマの結末も見えてくるのではないかと。

というわけで、韓国ドラマの結末を、本ドラマの登場人物の名前で書いてみます。

(ネタバレになる可能性が高いので、読みたくない方は飛ばして下さい)

麗子は、律を捨てたわけではなかった。

律を麗子から引き離したのは、凛香の父・恒夫。

麗子のマネージャーであり、麗子を崇拝して止まない彼は、麗子と家庭を持つ男との間に子供ができてしまったのを知り、彼女の人生がそれ以上壊れてしまわないよう、律を彼女から遠ざけた。

そして、律を失ってしまった麗子は、養子として迎えたサトルに対し、律にあげられなかった愛情を注いだのだった。

そのことをサトル、そして恒夫から聞いた律は、自分が息子であることに気付いていない麗子にご飯を作ってもらうことに。

重い心臓病を患い、倒れたサトルの看病をしていた麗子を、律が家まで送っていったのだ。

愛してやまなかった母親が作ったご飯を食べ、涙が止まらない律。

その泣き顔を見られないよう、食事もそこそこに彼は母親の元を去っていった。

そして律は、サトルから結婚しようと言われても自分のことを愛してくれる凛華に「ごめん、愛してる」と伝え、一人でこの世を去る。

その1年後、サトルは律から受けた心臓移植により回復し、復帰コンサートを開くことに。

ただ、そこに凛華の姿はない。

彼女は、律が眠るお墓を訪れていた。

そして彼女は薬を飲み干し、彼のお墓の横で眠りについたのだった。

以上、原作結末ネタバレでした(ノД`)

ドラマの期待点

韓国版、すっごい良かったんだよね。。ソ・ジソブが切なくて、愛おしくて、胸きゅんだった。長瀬はソ・ジソブを超せるか?主題歌「雪の華」もドラマの世界観とマッチして最高だったけど、宇多田の「Forevermore」は?楽しみ!(43歳・女@ソ・ジソブ大好き)
ドロドロの重い愛憎劇っていうよりは、綺麗でちょっと悲しい恋愛ストーリーだったら面白くなりそうだと思う。男女の三角関係の愛とか親子の関係とか色々な人間関係が見られて意外と感動できそうで期待大!(28歳・女@お腹が張らない)
「ごめん、愛してる」の長瀬智也が、大人の色気ムンムンでカッコいい。久しぶりに、楽しみなドラマだ~。幸せになってほしいなぁ。自分的には、六角精児さんが好きなので、どんな役なのかも気になるところ。(40歳・女@黒猫大好き)
ドラマの雰囲気からいって、今売れっ子の坂口健太郎はハマリ役な匂いがプンプンする。そして何より長瀬の久々のシリアス系な暗めのドラマでの演技が見所だ。普段は砕けた男臭い役柄が多いだけに新鮮だ。(31歳・男@すね毛がわりと濃い)
スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">