ごめん、愛してる3話ネタバレ&あらすじ!運命的に惹かれ合う律と凛華!

今回のネタは、7/23放送のドラマ「ごめん、愛してる」第3話。

2話で、サトルを助けたことで麗子からサトルのボディーガードを任された律。

母への叶わぬ思慕を捨てきれない律は、凛華に密かに共感を覚えます。

では、律が母に復讐にも似た気持ちで近づいてゆく、3話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

ごめん、愛してる第3話展開まとめ

その1:律の本当の父親の死去

三田恒夫(中村梅雀)は娘の凛華(吉岡里帆)を岡崎律(長瀬智也)から引き離し、引っ張って帰った。

律が家に帰ると、居候先の河合若菜(池脇千鶴)が息子の魚(大智)に子守唄を歌っている。

律は自分たちは子守唄なんて歌ってもらったことがないのに、と言った。

翌日律はスマホで撮っている動画日記に、

『俺はあいつ(麗子)のそばに居座ってやる。死ぬほど後悔させてやる』

と呟く。

日向麗子(大竹しのぶ)がかつて付き合っていた相手で、律の本当の父親である黒田龍臣が亡くなった。

葬儀に行くかと訪ねる恒夫に、麗子は行かないと答える。

恒夫は、律を運転手に雇うことに反対するが、麗子は聞き入れない。

サトルは凛華に、塔子は今まで付き合ったどんな子とも違う、何もかも最高だと言う。

そしてプロポーズしたいから凛華に協力してくれと頼み、凛華は複雑な気持ちになった。

龍臣の葬儀に人知れず来た律に加賀見修平(六角精児)は、龍臣は律のことより自分のことが大切だったと言う。

そして恒夫に近付き、麗子が龍臣に捨てられ、産んだばかりの律を捨てたことを知っていると脅した。

その2:サトルのプロポーズ

一方サトル(坂口健太郎)は麗子に、会わせたい人がいると打ち明けた。

そしてサトルは古沢塔子(大西礼芳)へのサプライズプロポーズの計画を凛華に話し始める。

木にくくりつけた風船を空に放ち、1つだけ残った赤い風船を割れば指輪が中に入っていて、それとともにプロポーズするという計画だ。

その風船を木にくくりつける作業をサトルに頼まれた凛華と、それに付き合う律。

凛華は作業をしながら、この風船のように飛んで消えたいとコボす。

そうしたらサトルが探してくれるのかと問う律に、探さないだろうと虚しそうに答える凛華だった。

やがてサトルたちが現れるが、割れた風船から落ちた指輪が見つからず、サトルは指輪がないまま塔子に中途半端にプロポーズする。

しかしそこに麗子が現れ、皆で食事をしにいくことになった。

凛華だけ残って指輪を探すことに。

やっと見つけた指輪をふと自分の指にはめてみて、虚しさを感じる凛華だった。

その3:麗子の過去をバラそうとした加賀見

レストランでは、麗子が塔子の男関係の良からぬ噂を突きつけ、ふたりの交際に反対する。

そこに加賀見が現れ、麗子が龍臣と付き合っていた過去を皆の前で暴いた。

手が震え出す麗子。

その様子を律は見ていた。

そして加賀見が、律のことまでバラそうとしたとき、突然律が加賀見に殴りかかる。

何度も加賀見を殴る律を、戻ってきた凛華が何とか止めた。

加賀見は逃げ出し、塔子はサトルを自分のものにしたいと思うほど好きではないと言い捨ててその場を去る。

去り際に律に自分の連絡先を渡した塔子は、あなたみたいな本能で生きてるタイプ好きよ、と言い残した。

そこに警察が駆けつけ、律は連れていかれる。

面会に訪れた恒夫に、クビを言い渡される律。

その夜拘置所の寝床で、麗子に抱かれ子守唄を歌ってもらっている夢を見る律なのだった。

サトルは凛華に、塔子を射止めるためにはもっと強くならなければいけないと決意を話す。

そして塔子のことを認めてほしいことと、律を運転手に戻してくれるよう麗子に頼んだ。

そして、麗子のことは大好きだが、人を肩書きや噂で判断するところは好きじゃないとはっきり告げる。

ショックを受ける麗子と、その様子を影で見ていた凛華。

一方、律のことを探しに行こうと家を飛び出した若菜は、道路に飛び出す。

車に轢かれそうになるのをすんでのところで魚に助けられ、律は帰ってくると魚に言い聞かせられる若菜だった。

その4:律が凛華にキス!

麗子側に金を渡された加賀見は律への訴えを取り下げたため、律は釈放された。

そこへ迎えにきた凛華は、サトルの付き人を辞めようと思ってることを律に告げる。

サトルには自分がいなきゃと思っていたけど、もう大丈夫だと思うと。

そして、律が麗子を助けようとしたことを理解していた凛華は、サトルのことをよろしく頼むと律に言う。

そしてどうして麗子にそこまでこだわるのかと問う凛華に、律は話した。

親は子どものことは無条件に可愛いが、捨て子は必要とされないと生きていけないと。

ずっとそんなことを思いながら生きてきたと言う律に、凛華は何も言えず…。

偉いね、とだけやっと言えた。

そんな凛華に、頼みがあると律が言う。

膝枕をしてくれと言い、いきなり横たわり凛華の膝に頭を乗せる律。

そして子守唄を歌ってくれと律に頼まれた凛華は、その通りに歌う。

その声を聞いた律は、静かに涙を流し…

泣かないでよと笑う凛華に、律はいきなりキスをしたのだった…。

ごめん、愛してる第3話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、読み違いを楽しみながら読んでいただければと思います。


岡崎律(長瀬智也)に「消え失せろ!」と言い放った三田恒夫は、律が日向サトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードとなることを聞いて、母親の麗子(大竹しのぶ)に大反対するが、麗子は聞き入れない。

恒夫は、娘の凛華(吉岡里帆)と律が親しくなってゆく様子にも不安を覚える。

凛華に、律に近づかないよう釘を刺す恒夫だったが、逆に凛華にその理由を問いただされた。

顔をしかめて口をつぐむ恒夫に、律と麗子、恒夫の間には何かあるのではないかと凛華は訝しむのだった。

律のもとに懲りずに訪れた加賀美修平(六角精児)に、律はサトルのボディーガードになったことを明かす。

麗子に、自分にとってサトルの命は尊いが、自分はそうじゃないというニュアンスのことを言われたことも話し、

「サトルって奴の代わりに死ねってことだ」

と加賀美に言った。

「俺はあの女のそばに居座ってやる。死ぬほど後悔させてやる」

とさらにその本音を明かす律。

それを聞いた加賀美は、自分も力を貸すと律に告げた。

その代わり、すべてが終われば記事を週刊誌に売ることを承諾してくれるよう律に言う。

なぜそこまで麗子を憎むのかと加賀美に問う律。

加賀美は、自分の過去を律に打ち明けた。

かつて加賀美は、ピアニストだった麗子のスタッフとして、表舞台には出ず暗躍していた。

しかし、ある事件で捨て駒にされ、加賀美は警察に逮捕された。

面会に訪れた恒夫に、

「お前はもう要らないんだよ!」

と言い放たれ、加賀美は愕然とする。

そしていつか麗子に復讐しようと心に決めた。

その話を聞いた律は、加賀美の復讐に手を貸すべきかどうか決めかねるのだった。

一方、凛華はサトルから、恋人の古沢塔子(大西礼芳)にプロポーズしたいと明かされる。

それを手伝って欲しいとサトルから頼まれた凛華は、複雑な気持ちながらも引き受けてしまう。

凛華にセッティングしてもらった大草原でのデートで、随分いい雰囲気になったサトルと塔子。

そしてついにサトルは、塔子に跪き、プロポーズをする。

塔子は、少し考えさせてくれるようサトルに頼んだ。

その夜、凛華はまた律と飲んでいた。

プロポーズがうまくいくと良い、と呟く凛華に、律は

「あいつが好きなんだろ?」

と問い質す。

すると凛華は

「大好きだよ」

と認めた。

それでも、好きだからこそサトルには幸せになって欲しいと続ける。

凛華にとって、幼い頃からサトルが唯一の安らぎだったのだ。

凛華は母を早くに亡くし、父はいつも凛華より麗子のことを優先させてきた。

寂しい思いを救ってくれたのが、いつもそばにいてくれた幼馴染のサトルだった。

そんな風に話す凛華を、

「お前はやっぱりお人好しのぼけちんだな」

とからかう。

しかしそんな凛華に、かつては心から求めてやまなかったはずの母親に復讐しようとしている自分を省みるのだった。

そんな律に、母親捜しはどうなったのかと問う凛華。

律は、母親は見つけたが、拒絶されたと話す。

どうしてかと問う凛華に、律は

「親ってのは、自分の子供は無条件に可愛い」

と話し出す。

だけど、その母親は自分のことを忘れて新しい幸せな生活を手に入れていた。

「俺は野良犬だからよ」

と言い、その母親には似合わなかったのだと苦笑しながら打ち明ける律。

そんな律に凛華は、

「そんなこと思いながら生きてきたの?」

と問う。

律は何も答えられない。

凛華は、どこか自分と似たような悲しみを律に見いだし、共感する。

律も本音を打ち明けたことで、凛華を身近に感じた。

ふたりの距離は運命に導かれるように近づいていった。

プロポーズを承諾した塔子は、高級レストランでサトルの母・麗子に紹介されていた。

そのさなかに、加賀美が割り込んでくる。

加賀美は麗子に向かって、

「人として最も酷いことをことをしたんじゃないですか!?」

と詰め寄った。

ボディーガードとしてその場を守っていた律は、サトルに幸せになって欲しいという凛華の言葉を思い出し、つい加賀美を止めに入る。

加賀美は律の制止を聞かず、真実を話そうとした。

思わず加賀美を殴る律。

ふたりは乱闘になった。

「やめて!」

凛華は振り上げられた律の腕を掴み、何度も止めた。

やがて加賀美を追い払うことに成功した律は自身も力尽き、凛華の膝に倒れこむ。

凛華は律を一生懸命介抱した。

その夜、二人きりになった律と凛華。

呼ばれて振り向いた凛華に、律はいきなりキスをする。

そして、

「頼みがあるんだ」

と告げるのだった。

律の頼みとはいったい…?

そして、律の復讐はどうなる!?

ごめん、愛してる関連記事

[NEXT]ごめん、愛してる4話ネタバレ&あらすじ!ついに律に迫り来る病魔

[PREV]ごめん、愛してる2話ネタバレ&あらすじ!サトルに近付く律の真意は?

[LAST]ごめん、愛してるネタバレ&最終回結末!原作の韓国ドラマは涙…涙…

ごめん、愛してる第3話の感想

随時募集中です!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">