[黒革の手帖]結末ネタバレ〜原作は破滅!2017ドラマの予想ラストは?

今回のネタは、2017年7月スタートの木曜テレ朝ドラマ「黒革の手帖」

本ドラマの原作は、かの有名な故・松本清張さん著の同名小説。

そのストーリーは、勤めていた銀行から横領した巨額の金と、銀行で知り得た悪事のリストを武器として銀座にクラブをオープンし、悪人達を相手にさらに上を目指し戦っていく女のお話。

ちなみにその主人公・原口元子を演じるのは、銀行の派遣社員姿より銀座のママの格好の方がお似合いの武井咲さんです。

では、本ドラマのあらすじやキャスト、結末について、原作を交えながら書いてみます。

スポンサーリンク
panpy_336x280

あらすじ&キャスト

東林銀行の世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)は、父が亡くなった時に母が背負うことになった借金を相続していた。

その負担が重くのしかかり、元子は銀行の派遣社員以外にも銀座のクラブ「燭台」でホステスとして働く日々を送っている。

ただ、元子は銀行とクラブで懸命に働き、その美しい容姿と純粋そうな雰囲気でクラブでも上客たちの目を引くようになっていく。

そして、ついに元子は母から肩代わりした借金をすべて返済。これで彼女は2つの仕事を掛け持ちする必要も無くなったことになる。

しかし、元子はここで「安泰」を望むような女ではなかった。

銀行員として働く中で、元子は真面目に働くのがバカらしくなるようなことを目の当たりにしてきた。

当たり前のようにコネで銀行に入ってくる大口取引先の子供、違法な「借名口座」に巨額のカネを預けに来る怪しい男・・・

世間一般ではまともに見られている自分の勤務先が、裏では何と悪どいことをやっていることか。

・・・ただ、その悪事を自分は知ることができる。その知り得た悪事を世間にバラすと脅すことだってできる。

その後、元子は勤務先の銀行から1億8千万円を横領。

当然、そのことについて銀行から調べを受けるが、元子は違法な借名口座のリストをメモした「黒革の手帖」を見せつけ、逆に銀行側を脅迫。

こうして、元子は銀座の一等地にクラブ「カルネ」をオープンさせることに成功。

「カルネ」とは、フランス語で「手帖」を意味する言葉であった。

↑に登場しないキャスト

安島富夫(江口洋介)

衆議院議員秘書。

政治家になる為、国有地の払い下げ窓口といった、いわゆる「汚れ仕事」を率先して行う。

山田波子(仲里依紗)

元子の銀行での同僚。

元子に誘われホステスになると一気に人気ホステスに上り詰め、元子のライバルとなる。

橋田常雄(高嶋政伸)

大手予備校「上星ゼミナール」理事長。

裏口入学の斡旋で巨額のカネを手に入れ、元子の勤務先銀行の借名口座に入れている。

岩村叡子(真矢ミキ)

元子が銀行と足掛けで働いていたクラブ「燭台」のママ。

楢林謙治(奥田瑛二)

楢林クリニックの院長。中岡市子と共に病院を大きくし、新病院建設は目前だが・・・

中岡市子(高畑淳子)

楢林クリニックの看護師長。クリニックが小さい頃から楢林を支えてきた立役者。

裏で楢林と付き合っている。

村井亨(滝藤賢一)

元子の勤務先支店の次長。

牧野(和田正人)

元子が通う美容室の店長。オネエ。

島崎すみ江(内藤理沙)

ホステスだが、元は料亭の仲居だった。

長谷川庄治(伊東四朗)

政財界を取り仕切るフィクサー(=厄介事の調停者)

安島の後援者であり、楢林クリニック新病院建設の後援者でもある。

原作結末ネタバレ

では、ここからは原作の結末について。

最初にも書きましたが、本ドラマの原作はドラマタイトルと同名の小説で、これまでに連ドラは4回、2時間ドラマは1回制作されている人気小説。

よって、放送されてきたドラマの結末を知れば、ある程度は本ドラマの結末も見えてくるのではないかと。

というわけで、原作色の濃い1982年放送のドラマの結末をまず書いてみます。

(ネタバレになる可能性が高いので、読みたくない方は飛ばして下さい)

1982年放送ドラマ(主演:山本陽子さん)

銀座一として名高いクラブ「ロダン」の買収を目指していた元子だったが、これまで利用してきた男たちの反撃に合うことに。

元子は、惹かれ合っていた安島を介して手に入れた裏口入学リストで橋田を脅していたが、実はそのリストは偽物。

とはいえ、安島としても元子に偽リストを渡すのは本意ではなかった。しかし、元子へ協力する素振りを見せれば、自分の家族まで危険に晒すことになる。

安島の行動には、あの恐ろしい長谷川が目を光らせているのだ。

こうして、安島という味方を失い、買収の目途も立たなくなってしまった元子は、長谷川から資金を調達すべく彼の事務所を訪れる。

元子必殺の「黒革の手帖」には、長谷川が不利になる件も含まれているのだ。

但し、その目論見も長谷川の先手によって崩されてしまう。

長谷川は、元子がカネを横領したことで銀行にいられなくなった元上司・村井を使い、黒革の手帖に記されている件を国税庁に調べられても問題ないよう手を打っていた。

そして、元子にはさらなる悪夢が襲う。村井に続き、彼女が追い落とした人物が長谷川のそばに現れたのだ。

その人物とは、楢林から資金援助を受けてカルネと同じビルに店を構えることを計画し、元子が楢林を脅したことで計画を潰された元ライバル・波子。

波子は「ロダンは私がもらう」と宣言し、安島との関係も悪く言い放つ。

それに対して元子は怒り、波子に取っ組み合いのケンカを仕掛けるが、逆に階段から落とされてしまい気を失ってしまう。

意識が朦朧とする彼女の耳には、元子が妊娠していたことを話す波子の声が・・・

その後、意識が戻った元子。しかし、彼女には最悪の事態が待ち受けていた。

元子の視界に入ってきたのは、波子の件絡みで脅迫し、カネをゆすり取った相手である楢林と、彼の部下である中岡。

二人は、恨みを晴らす格好のチャンスを得たかのように、元子に対して不気味な笑顔を浮かべ、笑い声を上げる。

恐怖におののき、絶叫しながら助けを呼ぶ元子。

しかし、その絶叫に対する返事は無かった。

以上、1982年放送ドラマの結末でした。

ちなみに2004年放送の米倉涼子さん主演のドラマは、原作と異なる結末が描かれています。その内容をカンタンに書いてみますと・・・


長谷川の謀略によって一度は手に入れたロダンを手放すことになった元子。そのロダンのママにはライバルの波子が収まった。

しかし、元子は安島から手に入れた長谷川の不正の証拠を元に、長谷川を逆脅迫。そのことで得たカネで、元子は再びロダンを手中に収める。

ただ、今度はロダンを追われた波子が「黒革の手帖」の件を警察に通報。元子は警察に追われる身となってしまったのだった。


ということで、今回のドラマも2004年と同様、原作と結末を変えてくる可能性が考えられます。

そこで、パンピーに今回のドラマ最終回の結末を予想してもらいました。

元子は、彼女に踏みにじられた男達の復讐にあい、カルネは奪われ横領の容疑もかけられるが、彼女を愛した安島により救われる。しかし、安島は長谷川の罠にかかり自殺。愛に生きる決意をした元子だったが、愛もお金も失ってしまう。(43歳・女@手帳よりスマホ派)

安島が長谷川に愛想をつかされてしまうパターン。

2004年も、安島は結局長谷川との関係を切ることができずに政治家になりましたが、今回は元子の味方を続けるのか?(まぁ、予想ではそれで死んでしまうわけですが)

ロダンを取り戻し、元子がマンションでくつろいでいると、電話で警察がそちらへ行ったと連絡が入る。ベランダから警察の車を見つめ、電話の相手に「あなたの力なら何とかなりますわよね」と不敵な微笑を浮かべる元子・・・(58歳・男@悪魔的女性が好き)

2004年の結末と似てますが、警察の追跡をかわす手段を準備している素振りの元子。

元子が電話で「あなた」と呼んでいるのは、おそらく安島なんでしょうね。

元子は、自分を裏切った波子を殺害。目障りな敵である橋田も楢林も社会的に潰してしまう。その後、元子は妻と離婚させた安島と結婚し、無事に子どもを出産。黒革の手帖は捨てて過去はすべて封印。幸せに暮らす。(31歳・女@ギョーザ食べたい)

いやいや、手帖を捨てて過去を全て封印したとしても、ここまでやることやったら幸せになんて暮らせないでしょう(笑)

さて、果たしてこの中には合っている予想があるんでしょうか?

今回の予想についてのコメント、ご自身の予想など、随時募集中です!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">