過保護のカホコ6話ネタバレ&あらすじ!カホコと初がラブラブ!?

今回のネタは、8/16放送のドラマ「過保護のカホコ」第6話。

5話で、ついに初がカホコに交際宣言!!

しっかりと両親に許可を取る初の筋の通った行動に、思わずメロメロです~!

では、付き合い始めたカホコと初のラブラブな様子を楽しみに、6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

過保護のカホコ第6話展開まとめ

その1:泉の家出

カホコ(高畑充希)の自立を受け入れられずに、家出をした泉(黒木瞳)。

実家に戻ったところ、泉の妹の節(西尾まり)や環(中島ひろ子)も旦那とトラブルになって家出してくる。

久しぶりに3人娘が帰ってきたことで、居場所をなくしたのは泉の父・福士(西岡徳馬)。

娘たちにいろいろと批判されて、今度は福士が家を出てカホコの家に逃げ込んでくる。

さらに、妻に出て行かれた旦那たち厚司(夙川アトム)や衛(佐藤二朗)、正高(時任三郎)の妹・教子(濱田マリ)の借金トラブルで悩む正高の父・正興(平泉成)までがカホコの家に集結してしまう。

カホコはみんなに料理を振舞おうとするが、鮭は丸焦げだし、キッチンのゴミ袋がどこにあるのかわからないし、家の中は大荒れだ。

その2:泉の不安

男たちは妻への愚痴大会になってしまうが、カホコは

「みんな、ちゃんと奥さんに感謝の気持ちを伝えなきゃダメ!」

と提案し、みんなで泉の実家へ。

そこでは泉の母・初代(三田佳子)と3姉妹が昔を懐かしんでいた。

末っ子で甘え上手で一番得をしていると思われていた節は、上の二人の姉といつも比べられていたことにコンプレックスを持っていたことを打ち明ける。

また、喘息持ちの次女の環は自分が苦しんでいる時に元気に遊んでいる節や泉に対してひどいことを思っていたことがあると打ち明けたり、今まで知らなかったそれぞれの本音が飛び出す。

泉は、昔からしっかりもので、節や環に比べると初代に厳しく育てられたと感じていた。

さらに、昔自分が飼いたいと言って飼いだした犬が全くなつかず、節や環にばかりなつくことで

「自分は誰からも愛されていないんじゃないか」

という不安を持つようになっていた。

しかし、カホコが生まれてから、どんな時も自分を必要としてくれる存在に出会えて、とても嬉しかったのだという。

だから、カホコが離れていくことが怖くて仕方がなかったのだ。

その話を聞いていたカホコは、泉のもとに飛び込む。

「こんなの初めて!ママも、カホコと同じ女の子だったんだね!ママがしてきてくれたことは、当たり前じゃなかったんだね!ママの愛は偉大なんだね!!」

正高に言われて泉が携帯メールを確認すると、そこには何通もの

「ママ、大好きだよ」

というカホコからのメールが入っていた。

それを見て思わず涙を流す泉。

その3:初「大好きだよ、カホコ」で課題クリア!

ついにカホコに交際宣言をした初だが、カホコから

「二つお願いがあります。一つはカホコって名前で呼んで欲しい。もう一つは好きって言って欲しい」

という課題を出され、照れまくる。

「ママが帰ってくるまではイチャイチャしている場合じゃないだろ」

とはぐらかしてしまう。

カホコが泉の気持ちを知ることができ、近いうちに泉が家に帰るだろうと初代も言ってくれたことから、カホコは初に報告に行く。

そこでもカホコは泉に

「ママ、大好きだよ」

とメールで伝えることを続けていた。

そんな姿を見て、自然と初の口から

「大好きだよ、カホコ」

という言葉が飛び出すのだった。

不意打ちをくらったカホコは驚くが

「付き合おう、俺たち。ママが帰ってきたら、ちゃんと許可取りに行くから」

とキッパリと気持ちを伝えてくれた初だった。

その4:ばーばが病気!?

その日、初代の言ったとおり泉が帰ってきた。

しかし、泉は冷たい態度で黙々と部屋の片付けをこなし

「これからは放任主義でいきます」

と告げるのだった。

翌日、カホコは初代の家を訪れる。

すると初代が電話をしているのを聞いてしまう。

そこで初代が、もうすぐ死んでしまう病気だという事実を知ってしまうのだった・・・!

過保護のカホコ第6話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、読み違いを楽しみながら読んでいただければと思います。


カホコ(高畑充希)が

「これからは自分のことは自分でやる」

と宣言したのを聞いて、泉(黒木瞳)は無言で家を出ていってしまう。

泉は、実家へと帰ってしまった。

カホコに

「ママはもう必要ない」

と言われたように感じ、ショックを受けてしまったのだ。

残されたカホコと正高(時任三郎)は、二人で家の中のことをしようと頑張るが、今まで全てを泉に任せてきたため、家の中は大変なことになってしまう。

一方、初(竹内涼真)からの両親を前にした告白を受け、カホコはルンルン。

大学で初に会い

「付き合おう、俺たち」

と改めて告白される。

嬉しくてたまらないカホコだったが、どうしても泉のことが片付かなければ晴れて初と付き合い始めることができない。

すると初は

「ママが戻ってきたら、ちゃんと許可取りに行くから」

と誠意を見せてくれ、カホコは安心する。

そしてカホコは

「初くんに二つお願いがあります。ひとつは、“カホコ”と名前で呼ぶこと。もう一つは“好き”と言うこと」

と言い出す。

しかし、初は照れて全く言ってくれず、

「そんなことよりも家出したママの問題を解決する方が先だ」

とはぐらかされてしまう。

その頃、正高は泉を心配して泉の実家に行っていた。

しかし、イト(久保田紗友)のことで夫婦関係が悪くなっている泉の妹の節(西尾まり)が出戻ってきて、話はうやむやに。

さらに、正高の妹の教子(濱田マリ)の借金トラブルに滅入る正高の父・正興(平泉成)が、カホコの家に逃げ込んでくる。

しかし、カホコと正高の二人でも家事がてんてこまいなのに、これでお客が増えてもっと家の中はハチャメチャになってしまう。

カホコはまた初に相談する。

すると初はカホコを励まそうと

「きっと全てがうまくいくから大丈夫だ」

と励ますのだが、カホコはやはり心配で元気がない。

初は何とかカホコに元気を出してもらおうと、恥ずかしさをしのんで

「カホコ、好きだよ・・・」

と至近距離でカホコを見つめながら言おうとする。

しかし、やっぱり照れてしまう初。

そこで突然イトがアトリエに入ってきたのだが、イトはすっかり不良っぽい雰囲気に変わってしまっていて・・・。

一方、正高は再び泉を迎えに泉の実家に行くのだが、今度は衛(佐藤二朗)と喧嘩した泉の妹・環(中島ひろ子)が転がり込んできて、また話は出来ずじまい。

仕方なく正高が家に帰ると、妻が出て行ってしまって困った環の夫の衛と、節の夫の厚司(夙川アトム)がやってくる。

さらには泉の父(西岡徳馬)も娘3人が集まりギャンギャン夫の不満を言うので居心地が悪くなり、カホコの家に逃げてきた。

男たちが全員集合で、妻たちの悪口大会に!

それを聞いていたカホコが、突然立ち上がり・・・?

過保護のカホコ関連記事

[PREV]過保護のカホコ5話ネタバレ&あらすじ!初の母親との確執発覚!

[LAST][過保護のカホコ]ネタバレ&最終回結末!原作は?カホコが初と結婚宣言?

過保護のカホコ第6話の感想

随時募集中です!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">