セシルのもくろみ6話ネタバレ&あらすじ!奈央が専属モデルに!

今回のネタは、8/17放送のドラマ「セシルのもくろみ」第6話。

5話で、「VANITY」を卒業させられ、江里とも別れを告げた奈央。

しかし、突然江里が奈央を迎えに来て・・・。

では、奈央の「VANITY」復活の再出発をかけた、6話の展開まとめをどうぞ。

スポンサーリンク
panpy_336x280

セシルのもくろみ第6話展開まとめ

その1:奈央がVANITY専属モデルに!

江里(伊藤歩)が奈央(真木よう子)を迎えに来た。

奈央をVANITYの専属モデルとして引き戻すという話が浮上しているというのだ。

読モ企画が廃止になってから、VANITYは売上部数を落としていた。

さらに、奈央がいなくなったことを寂しがる読者からのコメントが毎月寄せられているのだという。

「私があんたを立派な専属モデルにしてあげる!」

と江里が気合いを入れて奈央を特訓するが、奈央の専属モデルとしてのデビュー撮影は散々な結果となってしまった。

やはり、専属モデルという緊張感がすごいし、しばらくモデルを離れていたためポージングもままならない。

しかし、そんな奈央に新たな大きな仕事の話が。

海外有名ブランドのフェローニが日本上陸50周年を記念した3誌限定のタイアップ企画にVANITYが選ばれた。

そのモデルとして、「まだ色のついていないモデルを」とリクエストがあり、黒沢(板谷由夏)がプッシュしたこともあり奈央が抜擢されたのだ。

そして、企画を担当するのは江里。

フェローニは江里にとって思い入れの強いブランドなため、気合いが入る。

江里は、ハマユカ(吉瀬美智子)に協力を頼み、奈央を特訓してもらう。

モデルとしての知識を体に叩き込んだ奈央は、撮影で素晴らしい表情を見せることができた。

その2:レイナの嫌がらせ

フェローニの撮影は手応え上々で、ノリに乗っている奈央と江里。

江里は、近々奈央のインスタを再開しようと思うと奈央に話す。

その時、江里は携帯でインスタの画面を開いたまま、席を外してしまった。

するとそこへ、奈央に対して嫉妬を膨らませるレイナがやってきた。

翌日、VANITY編集部は大騒ぎ!

なんと奈央のインスタでフェローニの商品を批判するコメントがアップされたのだ。

もちろん、やったのはレイナだった。

しかし、犯人探しをしている場合ではない。

もう奈央の名前でフェローニの悪口が書き込まれたことがフェローニにも知られてしまっていた。

フェローニは大激怒で、今回の企画をなくすだけではなく、VANITYから広告を引き上げると言ってきた。

編集長(リリーフランキー)と黒沢が謝罪に行き、なんとか広告だけは続行してもらえることとなったが、企画はボツ、そして江里をVANITYから降ろすことを条件としてきた。

その3:江里の復活

江里はせめて奈央だけは守りたいと、全ての責任を一人で負い、VANITYを去ることを決意した。

それを知った奈央は、江里のもとを訪れる。

江里は、行きつけのバーでバイトをしていた。

そこで、奈央は江里のフェローニへの思いを知る。

江里の祖母はとてもおしゃれな人で、いつもどんな格好をしてくるのか会うのを楽しみにしていた。

江里の20歳の誕生日には、祖母がずっと大切にしていたフェローニのポシェットを譲ってくれた。

それから、祖母の80歳のお祝いにはフェローニのバッグを買ってあげた。

江里は結婚指輪は絶対フォローニで!と決めている。

そして、今回企画を任されることになって、江里がずっと欲しがっていてなかなか譲ってくれなかったスカーフを、応援の意味を込めて祖母が譲ってくれたのだ。

「逃げるなよ。フェローニが好きなんでしょ?このまま一生フェローニに誤解されたままでいいの?

私はね、この写真に江里がどんな文章を書くのか楽しみに待ってたんだよ。江里にとっても私にとっても、こっからが本当のスタートなんじゃないの?」

奈央は江里にもう一度挑戦してみるようにと背中を押した。

江里は自分の長年のフェローニへの思いを原稿に込め、黒沢にダメ元で提出した。

黒沢とハマユカは二人でフェローニに乗り込む。

VANITYは10年前にもフェローニと仕事をした事があり、その時の成功から信頼を得て今までずっと広告を出してもらっていた。

その時タッグを組んでいたのが、ハマユカと黒沢だったのだ。

江里と奈央は、若い頃の自分たちのようだとハマユカも黒沢も感じていた。

江里の原稿は認められ、奈央の企画が採用、今後も今まで通りの取引をしてもらえることとなった。

その4:ハマユカがVANITY卒業

一件落着し、ご機嫌の奈央。

しかし、衝撃の出来事が奈央を待ち受けていた。

編集部でハマユカに会った奈央。

ハマユカは

「私、VANITYを卒業することにしたの」

と奈央に告げる。

突然のハマユカからの報告に、奈央は言葉が出なかった。

セシルのもくろみ第6話のあらすじと予想


ココは予告を元に放送前に書いたあらすじ&予想ですので、さっきの展開まとめと内容が似ていたり、全然合ってない予想が書かれていたりします。ですので、コチラをクリックして次の項目までスッ飛ばすか、読み違いを楽しみながら読んでいただければと思います。


奈央(真木よう子)の前に、突然江里(伊藤歩)が現れた。

なんと江里が黒沢(板谷由夏)から呼び出され打診されたのは、奈央を「VANITY」の専属モデルとして迎え入れるという衝撃的な話だった・・・!

昨年の11月号で読モ企画を廃止した「VANITY」だったが、それから販売部数は下降気味だった。

さらに、読者からのアンケートでは

「ミヤジ改造計画を復活させてほしい!」

「ミヤジの企画が面白かった!」

などと奈央がいなくなったことを残念がる声が多数寄せられていたのだ。

これによって、黒沢は奈央の存在感を改めて感じていた。

黒沢自身も、奈央には潜在的に何か光るものがあると昔から感じていたのだ。

黒沢はこれを機に、思い切ったテコ入れをすることを考えた。

それが、奈央を専属モデルとして「VANITY」に復活させることだったのだ。

「専属モデルとしてしっかり育ててあげるから!」

と江里も張り切っている。

そんな折、離婚してシングルマザーとして再出発を果たしたハマユカ(吉瀬美智子)を編集長(リリー・フランキー)が呼び出し食事をしていた。

実は、編集長はハマユカに対してある決断を迫っていた。

「VANITY」を新しく生まれ変わらせるために、ハマユカにカバーモデルを降りてほしいというのだ。

ハマユカの後釜にはレイナ(芦名星)を考えていると言う。

もし、二番手モデルとして「VANITY」に残ることが嫌なら「VANITY」を辞めてもらってもかまわないと。

この話にすぐには返事ができないハマユカだったが、奈央と話をして

「どんな形であろうと、私は私らしくいればそれでいい」

と結論を出す。

「VANITY」に戻ることを決意した奈央は、早速6月号から復帰することになる。

ワンピース特集に参加することになるが、しばらくモデル業界から離れて普通の主婦に戻っていた奈央は、すっかりポージングや表情作りができなくなっていた。

次に撮影を控えていたレイナは、あまりの奈央のグズグズっぷりに

「読モ上がりに専属モデルが務まるわけがない」

と怒りをあらわにする。

そんな中、有名海外ブランドの「フェローニ」の日本上陸50年を記念して3誌限定のタイアップ企画に「VANITY」が参加できることになる。

江里は昔から「フェローニ」の大ファンとあって、かなり気合いが入る。

「フェローニ」は旬な雰囲気を求めてまだ無名なモデルと起用したいとリクエストしてきた。

そこで編集長と黒沢は、奈央を推薦してみることにしたのだが、それが気に食わないレイナは・・・!?

セシルのもくろみ関連記事

[PREV]セシルのもくろみ5話ネタバレ&あらすじ!奈央と江里の最後の企画

[LAST]セシルのもくろみネタバレ&最終回結末!原作の奈央の決断が格好イイ!

セシルのもくろみ第6話の感想

随時募集中です!

スポンサーリンク
panpy_336x280
panpy_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">